セルフメディケーション税制の所得控除を受けるために必要なこととは?

シェアする

n811_toridashitajyouzai_tp_v

セルフメディケーション税制は、対象のOTC医薬品を年間(1月1日から12月31日まで)に12,000円を超えて購入すると、その超えた部分の金額を所得から控除することができる制度です。

ただし、セルフメディケーション税制の制度を受けるためには少し条件があります。

この記事では、セルフメディケーション税制の適用を受けるために必要なことを伝えていきます^^

SPONSORED LINK

セルフメディケーション税制の所得控除を受けるために必要なこと

セルフメディケーション税制の所得控除を利用するためには何が必要なのか見ていきましょう!

セルフメディケーション税制を利用するには全部で3つの要件があります。

次にあげる3つの事項すべてに当てはまることが必要です。

・所得税と住民税を納めていること。

・1年間に健康の維持増進および疾病の予防への取組として一定の取組を行っていること。

・1年間に対象となるOTC医薬品を12,000円を超えて購入していること(自己または自己と生計を一にする配偶者その他親族のために支払ったものを含む)。

セルフメディケーション税制の適用を受けるためには、前提として所得税と住民税を納めている必要があります。

次に、下の2つについて詳しく説明していきます。

○1年間の間に健康の維持増進および疾病の予防への取組として一定の取組を行っていること

申告の対象年の1月1日から12月31日までの間に、申告をする人が次のいずれかを受けている必要があります。

特定健康診査(メタボ健診)または特定健康指導

予防接種(定期接種やインフルエンザワクチンの予防接種)

定期健康診断(事業主健診)

健康診査

がん検診

この一定の取組には、申請者が任意に受診した健康診査(全額自己負担)は含まれません。

また、健康診査等の再審査も含まれません。

自分が受けた健康診査やがん検診がセルフメディケーション税制を利用するための一定の取組をした証明に使えるか、受けたときに聞いてみるのが確実ですね^^

○1年間に対象となるOTC医薬品を12,000円を超えて購入していること

対象のOTC医薬品かどうかは、パッケージに下の識別マークがついているので見てみてください。

selfmedication_img_03

制度が始まってしばらくは対象のOTC医薬品でもマークが付いていないことがありますが、商品のポップに書いてあったり、何か見分ける目印があると思います。

お店に行ったときに見てみてくださいね^^

また、セルフメディケーション税制の控除対象金額には、自分の為に買ったものはもちろん、自分と生計を一緒にしている配偶者やその他の親族の為に支払ったものも含まれます。

例えば別居の子供に仕送りをしている事実がある場合、生計を一緒にしていると言えるので、その子供が購入した対象のOTC医薬品の金額も含めることができます。

セルフメディケーション税制の対象商品については、厚生労働省のHPで見ることができます。

厚生労働省HP 「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について」

ちなみに、予防接種の料金や健康診査で支払ったものは、セルフメディケーション税制の控除対象金額に含めることはできません。

対象のOTC医薬品の購入金額のみです。

予防接種や健康診査は、一定の取組をしたよ~という証明に使うだけなので注意してください^^

SPONSERD LINK

申告の際に提出する必要な書類について

対象のOTC医薬品のレシートまたは領収書

対象のOTC医薬品を買ったときは、そのレシートや領収書を保管しておく必要があります。

レシートや領収書には次の5つの項目が明記されていることが必要です。

・商品名

・金額

・当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨

・販売店名

・購入日

2017年1月1日以降にセルフメディケーション税制の対象商品を買ったらレシートを確認してみてくださいね。

「一定の取組」の証明書類

セルフメディケーション税制の一定の取組に当たる予防接種や健康診査を受けた場合、それを受けた後に発行される「領収書」または「結果通知表」を申告の際に提出します。

この証明書類には以下の記載が必要です。

・氏名

・一定の取組を行った年

・保険者、事業者もしくは市町村の名称または医療機関の名称もしくは医師の氏名

結果通知表は写しでも大丈夫です。

健診結果部分は不要なのでできるだけ切り取るか黒塗りするようにしてください。

領収書の場合は原本の提出が必要です。

大体のことは以上になります。

細かい点については厚生労働省のHPの「セルフメディケーション税制Q&A」をチェックしてくださいね^^

厚生労働省HP 「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について」

終わりに

これで、セルフメディケーション税制を利用するために必要なことがわかったでしょうか?

この制度を利用するには、対象のOTC医薬品の年間購入額が12,000円を超えていることと、申告者自身が申告対象の年に「一定の取組」を行っていることが必要です。

その際のレシートや領収書、結果通知表も申告の際に提出することになるのでしっかり保管しておきましょう!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

こちらの記事も合わせてご覧ください!

[blogcard url=”http://ayuko415.com/483.html”][/blogcard]

[blogcard url=”http://ayuko415.com/416.html”][/blogcard]