蓄膿症の子供はいつ治る?家庭でできる改善方法を紹介!

シェアする

hana_kamu

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になってしまうと、

治るまでとても時間が掛かるもの。

治療中に風邪を引こうもんなら、

せっかく良くなってきていた症状もぶり返し…

なんてこともありますね。

病院に通うのも結構大変。

薬をずっと飲み続けるのも気になるし…。

そこで、

蓄膿症はどれくらいの期間で治るのか、

家庭でもできる蓄膿症の改善策を確認していきましょう。

SPONSORED LINK

蓄膿症の子供が治るのか心配…。どれくらいで治るもの?

子供が蓄膿症になってしまい辛い症状があると、

可愛そうだし心配になってしまいますよね。

急性副鼻腔炎だと、

早めに治療すれば1~2週間で治ることも多いのですが、

蓄膿症(慢性副鼻腔炎)の治療にはとても根気が必要で、

治療には長い期間かかることが多いです。

治るまでの期間は個人差が大きく、

予測が困難です。

病院では約3カ月を目途に治療を開始することが多いですが、

長くなると半年・1年と長期に渡ることもしばしば。

なぜ蓄膿症が長引くかというと…

鼻の周りには副鼻腔と呼ばれる空洞がいくつかあり、

風邪や鼻炎になると粘膜が腫れて管がふさがれてしまいます。

そこに膿が溜まり炎症を起こすことで、

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になるのですが…

そのことで膿が排出されにくく、

さらに解剖学的にも膿を排出しにくい部分なので

治りにくいのです。

もうひとつ蓄膿症が治りにくい理由として、

栄養の偏りや生活環境、その人の体質や顔の骨格、

遺伝なども関係していることがあるようです。

そのことをふまえつつ、

次は蓄膿症を家庭で改善するための方法を紹介しますね^^

SPONSERD LINK

蓄膿症の家庭でできる改善策はある?

実は蓄膿症(慢性副鼻腔炎)を改善するための方法はいろいろとあります。

食事による改善

蓄膿症に悪い食べ物

ポイントは“ヒスタミン”という物質です。

ヒスタミンは蓄膿症の炎症の原因となっているので、

このヒスタミンを抑えることが必要です。

糖分を多く含むもの

糖分を多く摂取すると、蓄膿症の炎症の原因となっているヒスタミンが

体の中で多く作り出されてしまいます。

なので、甘いお菓子やジュースはなるべく食べないことを心掛ける。

お餅やおせんべい

お餅はヒスタミンを多く含みます。

おせんべいも食べ過ぎは良くないですね^^;

肉、魚などの動物性たんぱく質

これもヒスタミンを多く含む食材です。

だからといって全く食べないのではなく、程ほどに食べましょうね。

卵や牛乳なども動物性たんぱく質なので、摂りすぎは注意。

蓄膿症に良い食べ物

米や玄米などの穀類、葉菜、根菜を中心とした野菜、納豆などの豆類、

海藻類、味噌、醤油、塩といった天然の素材が良いとされています。

これらの食材は体の免疫力を高め、強い粘膜を作り出してくれるため、

蓄膿症の予防・改善に役立ちます。

野菜たっぷりの和食中心の食事がおすすめです^^

馬油を鼻に塗る方法

馬油には抗菌・殺菌作用があり、炎症を抑える効果が期待できます。

粘膜に付着すると素早く広がり、油膜を張って外部からの菌の侵入を防ぎます。

さらに、油分によって副鼻腔に溜まった鼻汁が

排出されやすくなる効果も期待できます。

塗り方は簡単。

馬油を綿棒につけて鼻に入れ、ぐるっと塗ります。

鼻水が出るときは、鼻をかんだ(小さい子の場合は吸ってあげる)後に

塗るとより良いです。

蓄膿症には“なた豆茶”がおすすめ!

もっと気軽にできるものはないのか…

そんなあなたに、

蓄膿症を改善するお茶として“なた豆茶”がおすすめです。

お茶なら毎日気軽に飲み続けられそうですよね^^

蓄膿症の方の中には、

なた豆茶を飲んでいる方も多いようです。

下のは楽天で1位のなた豆茶。

香ばしくて美味しいと人気です。

食品なので効果の出方には個人差があるのですが、

「飲み続けたら症状が気にならなくなった」

という方も多いです。

また、なた豆茶は小さい子供や妊婦さんでも安心して飲めます

試しに飲んでみるのも良いかもしれませんね^^

なた豆の成分情報については、

わかさ生活の「わかさの秘密」のページの中にあるので

確認してみてくださいね!

↓↓↓

http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/sword-bean/

蓄膿症の改善まとめ

蓄膿症(慢性副鼻腔炎)を少しでも家庭で改善するためには、

普段の生活にも言えることですが、

健康的な生活を心掛けるということが大切です。

なた豆茶は特に、

普段の水分補給の置き換えでできるので

手軽で良いですよね^^

少しでも早く症状が改善し、蓄膿症が治りますように。