医療費控除の交通費に車のガソリン代や駐車場代は含まれる?

シェアする

病気やケガなどで病院に行くときに、車で行く人も多いですよね。

自家用車で通院するとガソリン代や駐車場代がかかったり、遠方だと高速代がかかることもあります。

医療費控除の交通費には通院のために支払った交通費も含めて良いことになっていますが、車で行った場合はどうなるんでしょうか。

この記事ではその取扱いについて書いていきます。

SPONSORED LINK

医療費控除の交通費に車のガソリン代や駐車場代は含めても良い?

病気やケガなどで病院に行くときに自家用車を使う場合、ガソリン代や駐車場代、ときには高速代がかかることがあります。

通院回数が多くなったり駐車場代が高かったりすると、その金額も大きくなってしまいますよね。

できれば医療費控除の交通費に含めたいところですが、残念ながら自家用車による通院・入院でかかったガソリン代や駐車場代、高速代は医療費控除の対象にはなりません。

通院や入院のための交通費が医療費控除の対象となるためには、その交通費が「人的役務の提供の対価」である必要があります

「人的役務の提供の対価」というのは、他人の労力に対しての支払いのことです。

電車やバス、タクシーの料金はすべて、乗せてくれた人(会社)への支払いですよね。

マイカーで通院した場合のガソリン代、駐車場代や高速代はそれぞれ、購入の対価、利用の対価であって「人的役務の提供の対価」ではないので医療費控除の対象にはならないのです。

交通手段が自家用車しかなかった!という状況でもやっぱり控除対象にはなりません。

ちなみに、タクシーなどの利用を余儀なくされる場合には高速代も医療費控除の対象になります。

これは、タクシーなどの料金の中に含まれる為です。

他人が介在するものであれば、同じ高速代であっても医療費に含めることができます。

SPONSERD LINK

タクシーでの通院が必要な状況で、タクシーは使わずに他人の車に乗せていってもらって対価を支払った場合

では、タクシーでの通院が必要な状況で、タクシーを利用する代わりに他人の車に乗せてもらって通院し、その乗せてくれた人にアルバイト料などとして対価を支払った場合はどうでしょうか?

結論から言うと、その対価がタクシー代と同程度のものであれば医療費控除の対象になります

タクシー代でなくてはならないとはなっていないからです。

これは前提として、タクシーを利用しなければ通院できない状況の場合になります。

例えば公共交通機関のない地域だったり、足を怪我して歩行が困難だったり、出産に伴う入院の為だったり…。

タクシーを利用する代わりに知り合いに頼んで…という状況も十分にありますよね。

車に乗せてもらったひとへ支払った料金の金額によって、少し取り扱いが変わってくるので注意が必要です。

ここでは例として、3,000円支払ったとしますね。

タクシーでの往復料金より対価として支払った3,000円が安い場合は、全額が医療費控除の対象になります。

タクシーでの往復料金より3,000円のほうが高い場合は、タクシー代と同程度に当たる金額だけが医療費控除の対象になります。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

疑問は解消されましたか?

医療費控除もケースバイケースというのが多く、これってどうなの?というものが多いんですよね^^;

少しでも参考になれば幸いです。

それでは最後までありがとうございました!