セルフメディケーション税制とは。医療費控除の特例制度をチェック!

シェアする

yakkyoku

セルフメディケーション税制ってまだまだ聞きなれないことばですよね。

薬局に買い物に行ったときに「セルフメディケーション税制控除対象」っていう表示を見て、これは何だろうと初めて疑問に思う方もいると思います。

セルフメディケーション税制は私たちにとって物凄く身近に関わる制度なので、ここでしっかりチェックしていきましょう!

SPONSORED LINK

セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーション税制は、平成29年1月1日から始まる制度です。

「セルフメディケーション」とは、世界保健機関(WHO)で「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること」と定義されています。

平成29年1月1日以降に薬局やドラッグストアなどで対象のOTC医薬品を購入すると、その合計額が年間で12,000円を超えたときに所得控除を受けられる可能性があります。(12,000円を超えた部分の金額が控除対象、上限8万8千円)

従来の医療費控除では年間の医療費の自己負担額が10万円を超えると確定申告で所得控除を受けることができますが、中にはあまり病院には行かずに市販の薬で済ますという人もいますよね。

セルフメディケーション税制はそういった自分自身で健康管理を行っている人にも所得控除を受けられるようにした制度なんです。

自分自身で健康を管理し、軽い症状なら病院に行かずに自分で手当するという人が増えれば、国の医療費の削減にもつながります。

高齢者の医療費の自己負担額が増えたのも、国の医療費が膨れ上がっているからなんですよね。

セルフメディケーション税制ができたのもそういった背景があるのかもしれません。

SPONSERD LINK

セルフメディケーション税制の対象となる人は?

セルフメディケーション税制を受けるためには、3つの要件があります。

それは、

1.所得税と住民税を納めていること

2.1年間(1月~12月)に健康の維持増進および疾病の予防への取組として一定の取組を行っていること

3.1年間に対象となるOTC医薬品を12,000円を超えて購入していること(扶養家族分も合わせて)

2番目に書いてある一定の取り組みというのは、申告者が申告対象の1年間に以下に書いてあるもののいずれかを受けることです。

・特定健康診査(メタボ健診)

・予防接種(インフルエンザなど)

・定期健康診断(事業主健診)

・健康診査

・がん検診

セルフメディケーション税制の所得控除を受けるためには、対象のOTC医薬品の年間購入額が12,000円を超えるだけでなく、きちんと税金を納めていて、申告者が予防接種や健康診査を受けていることが必要なんですね!

ちなみに、セルフメディケーション税制の所得控除と現行の医療費控除は一緒に受けられないので、どちらを受けるかは申告者が選ぶことになります。

対象となるOTC医薬品とは?

medicine_kaze

まず「OTC医薬品」って何??っていう感じなんですが、わかりますか?

私はわからなくて、つい最近その意味を知りました。。

「OTC医薬品」というのは、医師の処方箋なしに店頭で買える医薬品のことです。

つまり一般用医薬品、市販薬のこと。

OTCはover the counterの略です。

セルフメディケーション税制の対象となるOTC医薬品は、医療用医薬品から転用された成分を含むOTC医薬品です。

とはいえ、これは対象のOTC医薬品なのか?と成分表示を見る必要はありません。

薬局やドラッグストアなどで薬を買うときに「セルフメディケーション税控除対象」のマークがついているかどうか見てください。

全ての対象OTC医薬品についているわけではないですが、ついていないときはお店のPOPに書いてある場合があります。

また、平成29年1月1日以降はレシートにも「セルフメディケーション税制の対象商品」である旨が記載されます。

厚生労働省のHPに対象品目一覧が載っているので、どの薬が対象になっているか見たい人はチェックしてみてください。

厚生労働省HP 「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について」

リンク先のページの2番目の項目に「セルフメディケーション税制対象品目一覧」とあるのでそこから見てくださいね^^

まとめ

セルフメディケーション税制は、1年間の間に予防接種や健康診査を受けている人が、対象のOTC医薬品を年間12,000円を超えて購入すると受けられる所得控除制度です。

医療費控除は原則として、医療費の自己負担額が10万円を超えないと受けることができませんが、セルフメディケーション税制は12,000円を超えれば受けることができるので、所得控除を受けられる人の幅が増えましたね^^

風邪薬や塗り薬、湿布薬などを買ったら、レシートや領収書をしっかり保管して、確定申告で所得控除を受けられるようにしましょうね!

それでは最後まで、ありがとうございました!

こちらの記事も合わせてどうぞ!

[blogcard url=”http://ayuko415.com/416.html”][/blogcard]